teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


お写真:「手袋」

 投稿者:シッチー  投稿日:2018年 3月27日(火)14時15分44秒
  面白いですねぇ。
 大樹の中に溶け込んだ「妖かし」が、つい油断して片方の白手袋を・・・・
   ならば絶対に取り返しに来ますね。 「羅城門の鬼」の先例もあるし

 ところで吟醸さん、珍しくストイックですなぁ  何かありましたかい?

  日頃こうしてお世話になっておりますので、道から這い上がる助けに
   「蜘蛛の糸」なんてぇケチなことを言わずに、「縄梯子」くらい融通しましょうかね
      ただかなりな年代物ですので、2,3本に一本は横木が欠けておりまする

昨日、家内の一行が(娘と孫ですが)なんと「目黒川」に桜を見にでかけたのですが、
  混雑もすごかったらしく早々に切り上げて帰宅しましたよ。
 先週は上野でお池のベンチに座っていたら、周り中が外国人で落ち着かずだった  とか。

  ただただ桜を観るだけでも 難しきものがありますなぁ
   足の痺れが残って長時間の歩行がきつい私などは、すぐ近くの狭山公園の桜が
    まぶしくて、ああ 今年も咲いている まだ今年も生きていると
      まことにありがたくもありです


まだこの国が世界の中で生き残れるかどうかの瀬戸際であったころに生まれた「歩兵の本領」という
軍歌に「♪万朶の桜か襟の色 花は吉野に嵐吹く 大和男子と生まれなば 散兵綫の花と散れ」
  という誠に勇ましい歌がありますな。
「戦争は嫌だから侵略されてもかまわない」なんぞという平和ボケした今のわが国では、
  せいぜいが「パンダの桜か 上野山・・・」てな具合でしょうかねぇ

 
 
 

落語開眼

 投稿者:吟醸  投稿日:2018年 3月26日(月)21時36分28秒
  ふじさん

え!?
開眼なさったのですか?
私は未だ開眼できず、世の中をさまよっています。
そして、道に落ちています。
何時になったら這い上がれるのか。

道楽は道に落ちるのではなく、道を楽しむことです。
どうぞ、人生を楽しんでください。

それには、名人と言われた噺家さんの噺しを聞きましょう。
二流、三流の話しを聞くぐらいだったら、早く寝ましょうね。
イイものを沢山聞くのが身体にも、心にも良いですよ。

その時はどうぞ、ここに戻って来て、ドキドキ感を伝えてください。
 

落語開眼

 投稿者:ふじ  投稿日:2018年 3月26日(月)11時52分5秒
  初めまして

定年退職して早や10余年
以前から ちょっとだけ好きで落語を聞いておりましが このサイトに出くわし しっかりまとめてあるので 大助かりです。
知らないことばかりですが 知る喜びたるや 大なるものがあります。

私は下戸でして・・吟醸の館には不似合いかと思いますが コメントを入れさせていただきました。
 

どうコメントするべきか 

 投稿者:シッチー  投稿日:2018年 3月24日(土)09時41分22秒
  先日の浜松行の お土産です:笑
  富士山の裏道 71号線に「ミルクランド」という商業施設があります。
  牧場をコンセプトに動物との触れ合いや、野菜などの販売やBBQ、中でも
    アイスクリームが旨いのでほぼ毎回 寄ってます。

 で そこのトイレの張り紙です
   切実なのでしょうが ちょっと「?」な
  よく読むとますます イメージが・・・・うむ
 

浜松:家内の実家へ

 投稿者:シッチー  投稿日:2018年 3月23日(金)00時28分0秒
  その実家の庭に生えていたもの

最近はとんとみかけませんが、ただの「土筆」です。
  昔は線路のわきに いやというほど生えていまして、祖母と集めた記憶があります。
  「野蒜」も見ませんね。
   茹でて食すとそれぞれが 春の味がしましたが、この歳になると実に懐かしいです。

こちらは「すみれ」です。色が淡いので調べてみましたが、日本には60種類ほどの
  分類があるようです。 そしてそれらの交雑種。
 とりあえず 東京に持ち帰ってプランターに移植しました。 今のところは順調です


まったく別件です
  パンダにあやかり  舟和の「ぱん玉」。
  すぐに売り切れるとか   かわいくて 旨い



 

庖丁

 投稿者:永井廉  投稿日:2018年 3月22日(木)09時09分52秒
  おはようございます。今朝はyoutubeで圓生の「庖丁」を聴きました。八重一重は談志さん(wikipediaに紹介のはなし)とおなじくわたしも上手く唄えません。圓生師匠の唄はいいですね~。  

江戸落語の舞台を歩く

 投稿者:永井廉  投稿日:2018年 3月20日(火)23時21分27秒
  早速アマゾンで購入しましてあちこちの場所を散策させていただいております。大横川富岡の桜を黒船橋から一杯加減で見たいですね。来週が見ごろでしょうか。落語は円生「百年目」を一時間じっと聴きました。  

水たたき

 投稿者:吟醸  投稿日:2018年 3月16日(金)20時39分34秒
  永井廉さん

「水たたき」ご覧いただき、ありがとうございます。
山本周五郎作の作品で、良く出来た内容ですね。
江戸の落語家さんが好む作りになっています。
万歳が主流の上方では考えられない内容ですが
江戸落語では、ほろりとさせられ、腹にジンときます。

円生さんには、他にも良い作品がいっぱい有ります
是非楽しんでください。
 

水たたき

 投稿者:永井廉  投稿日:2018年 3月16日(金)05時10分16秒
  はじめておじゃまします。円生の「水たたき」の録音を聴きはじめ、水たたきを検索し「舞台を歩く」に遭遇しました。まだ噺を聴いているところですが落語と吟醸酒のページを行ったり来たりしております。魅力いっぱいのお館、後でゆっくりと拝見させていただきます。66歳男です。  

春が来た ような

 投稿者:シッチー  投稿日:2018年 3月 6日(火)22時09分4秒
編集済
  パソコンに苦しめられて やっとなんとか。

 公園の入り口の土手で野生化したのでしょう。
  スノードロップ と クロッカスさんです。

 たくさんある各種の桜は まだつぼみばかりです。
 

レンタル掲示板
/245