teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


アタリ目に目指し

 投稿者:シッチー  投稿日:2018年 7月 6日(金)22時13分10秒
編集済
  ついでに、「えぇ~~~イワシこぇ~~イワシこ!」

吟醸さん、実は私だけでなく家族まで祟られておりますが、実に卑劣なことで、
 ありがたいことにすべて「寸止め」で済んでおります。
  書き連らねれば 本当にそんなことが? となりますよ。
  高い場所のどこかで 祟り神と 護り神様が戦っているのでしょう。

さて、パソコンのことです。
 まるで2月の私にそっくりです。 私のは「7」から「10」へのバージョンアップ。
  吟醸さんはもしかして 「10」のアップデートありませんでした?
  もしそうならば、それが原因でしょう。
 「7」から「10」への機械にとって アップデートのプログラムは「ウィルス」とまで
   呼ばれているようです。

   私はそれで3月いっぱいいじくりましたが、仕方なくリカバリーに、
    つまり全部がパー という結末でした。
 バージョンアップした「10」では「救済ディスク」の作成ができません。
  要は 正規の「10」を導入しろということでしょうね。

  お気の毒に、「頭抱えています」とてもよくわかります。
   どうせなら も少し色気のあるものを抱えたいものですが、厳しい世間の風が

  ブログのお休みは 我慢いたします。
   ひとこと
  「ユッカ蘭」が高く伸びても「天井蘭」にはなりませんよね:笑

    どうか「10」の導入で 徹夜 寝不足はしませんように。

   また明日 久しぶりに浜松へいきます。
    高速道路の大雨が心配です

   皆様 まとまりのない駄文をお許しください。
     もし 料金が破格に安く 効き目が霊験あらたかなる陰陽師さんを
      ご存知でしたらお知らせください。 相手はかなりのものですよ。
    ウクライナではなく、おそロシア   お粗末
 
 

頭抱えています

 投稿者:吟醸  投稿日:2018年 7月 5日(木)11時05分50秒
  メインのpcがフリーズして、最初から立ち上がりません
私みたいですが、泣いていても始まらないので、どうするかです。

順調に動いていたのが突然、ファイルが一部破損していると警告が出て
そのまま、ダウン。

このパソコンはウインドーズ8から自動で10になったもので
10のDVDが無いのです。対応ができないので
ウインドーズ10を購入しないとだめかと、悩んでいます。
悩んでいても始まらないので、10を買い求めて
入れ直すことに決めましたが、アプリゲーションも入れ直し
設定を書き直し、・・・。
その方が頭が痛い。
包帯のように鉢巻き巻いてがんばらないと・・・。
データだけは別に保存しているので安心です。

しばらくの間は、ブログはアップできないのでお休みです。
 

大変でしたね

 投稿者:吟醸  投稿日:2018年 7月 5日(木)10時48分58秒
  シッチーさん

重ね重ねのご不幸、入院とやけど
何か悪いことでも重ねた結果ですか?(冗談です)

ウクライナの美女先生とお別れになった後に
こんなに大々的なやけどを・・・
アタリメに祟り目。あれ?どっか混線しましたかね。

お客様窓口は、確かに2種類の対応があります。
クレームから会社を守るためと
お客さんを守る窓口、結果は会社の進歩を促すのですがね

私も昔、清酒メーカとやり合ったことがあります
まずは、定型文で返してきたので、お客様窓口とはなんたるものかと
メールでクレームを入れ、クレームを入れる客がいるから
商品が発展していくのだと注進。
所長があわてて、神戸から新幹線に乗って東京までやってきました。
窓口で追っ払おうと思ったのが逆になってしまったのです。
お客に対応できないメーカーは、先細りですね。
 

お気を付けください!

 投稿者:シッチー  投稿日:2018年 7月 4日(水)13時14分27秒
編集済
  書こうかどうしようか迷いましたが、危険ですので警告をしなければと思いました。

電気ポットが壊れたので、「T-fal」というメーカーの1リットル電気ポットを購入しました。

 いわく、外側が触っても熱くなりにくい  これ嘘です。
  本体とフタの間に存在するお湯の注ぎ口のステンレスが剥き出しの部分、
   熱湯の温度が伝わります。

 それより危険なのは私の手が強く当たって、本体が軽いせいかポット本体ごと
   宙を飛びました。 そうしたら蓋の部分が開いて 中の熱湯が飛び出し、
  私の右腕を直撃。  結果として このような有様です。
   正直に言いますと 水ぶくれがかなりの部分。皮膚科に通っています。

 イチャモンをつけるつもりも大家さんにご迷惑をおかけする気もサラサラないのですが、
  もし 小さなお子さんがいる(我が家にも小さな孫がちょくちょく来ます)ご家庭は
   くれぐれもこんな製品を購入しては危険です。

 ちなみに製品の名前は ふざけたことに「Safe2 Touch」というのです。
  日本の製品であれば、こういう簡易構造の製品は決して商品化できないでしょう。

 「お客様係」的な同社の窓口に電話しましたが、よくありがちな
   この度はお見舞い申し上げます  で終わり。
  クレームの客は 何とかごまかして引かせ、窓口で会社を護る?

一方で、電気ポットではありませんでしたが、引っ越しで発掘された未使用の電気製品。
  おそらく10年近く前の製品でしょうが、いざ封を切って使おうとしても
   物理的にコネクタが差し込まれない。
  「アイリス」のお客様係りに連絡すると、まず製品を見せていただきたい。
     それでメールを通じて写真をお送り やりとりをしました。

 お送りいただくのに適した箱がなければこちらで箱を発送しますが?
    着払いで こちらの宛先にお送りください。 実に丁寧な対応です。

  結果は、これは製造不良品でした。新品と交換したいのですが
    古い商品ですので該当品がありません、ついては現金で返金をさせてください。
     キチンと振り込まれてきました。

クレームを面倒くさい苦情とせずに、客と一緒に良い製品を作ろうという姿勢。
  どちらが製品メーカーとして 伸びるのでしょうね?

  他の製品については使っていないので判断できません。
    「T-fal」のこの商品は買われないように警告いたします。

 写真は 右腕ミイラ男と化した 私の腕です
  二の腕の半分くらいまでこの状態です。 不便で仕方がありません
 

また

 投稿者:シッチー  投稿日:2018年 7月 4日(水)11時56分52秒
編集済
  往年の名人が またあちらの「高座」へと旅立ちました。
 一生努力の人、つかの間のお休みがとれますようにと ご冥福をお祈りいたします。

 さてこちらはワタクシ、まだ未練たらたらで今生にしがみついております。

 でその証が 朝食後に飲むこの薬の山
  己の人生の ある意味での中間決算になりましょうか
   「ぢっと手を見る」の心境でございます。

 せめて緑や黄色でも混ざれば いくらか「食欲?」もわくのですがね

  
 

こんにちは

 投稿者:シッチー  投稿日:2018年 7月 1日(日)15時38分42秒
  レノンさん、心からお悔やみを申し上げます。

 おかしな話で恐縮ですが、私の父は5年ほどベッドでの寝たきりで亡くなりました。
  入院中も亡くなった後でも、ちょくちょく訪ねてきました。
  最近は、何か私の身に重大なことが起きそうなときには 教えに来てくれます。

  もちろん 具体的にはわかりませんが、何かを告げに来ます。

  それは 髪の毛を引っ張ったり(と感じます)、頭の上に乗ったり(と感じます)
    強く人の気配がしたりと。
   ですから おかしな宗教とは無関係ですが、いわば 自分教ですか:笑

 次の世に転生できるのか? 第一 そんなものが存在するのかさえわかりません。
   しかし まぁ あるとすれば、すべての人は同じところに行きつくわけで
    私は亡くなった懐かしい人たちには 必ずいつかまた会えると信じています。

すいません 意味不明の内容で。
  でも 本当のことです(私にとっては)
 お慰めにはなりませんが、悲しみに向き合って乗り越えてください。
    誠に僭越ながら 友の一人として応援しています

           ご不快であれば、心よりお詫びを申し上げます

   
 

お悔やみ申し上げます

 投稿者:吟醸  投稿日:2018年 6月24日(日)15時52分6秒
  レノンさん

さぞ心落としのことと思います。
どんなにお歳を積まれても、それは辛いものですよね。
約2ヶ月が過ぎようとしていますが、落ち着かれましたか。

お父様の教えが、子に、孫に伝わっていきます
ですから、お父様は心の中にいつまでも生きています。
落語の話も、これからの生き方も・・・。

志ん生も、文楽も、円生も私の心の中では生き続けています。
まだまだやることが有るでしょうが、レノンさんもご自愛下さい。


 

お大事にしてください。

 投稿者:レノン  投稿日:2018年 6月24日(日)06時30分44秒
  皆様
お久しぶりです・・・。
先日5月のGWの2日に父親が亡くなりまして…。
病名は膀胱がんでした・・・。で、亡くなる前に
意識があった時に会いに行きまして
手を握って父がわぁ~っと泣いて「もう会えない・・・」
といいながらでした・・・。
自分はある程度覚悟してましたが「何言ってんだよ良くなったら
また飲もうぜ・・・」といいながら抱きしめてました。
もう限界がわかってましたがそれでもまだ生きられる・・・。
というか…でしたが・・・。
自分の場合は父親が落語好きでしたのでそれを聞いて影響されたところが
ありました。
父の時代は名人上手が多かったので志ん生師匠や円生師匠も生で見れた。
という事を自分ン自慢して酒を飲んでました。
皆様身体ご自愛くださいませ・・・。
 

闘病日誌西暦2018年0621

 投稿者:シッチー  投稿日:2018年 6月21日(木)16時34分23秒
  我輩はタヌキである。
やはり我輩の病室は出入りが激しく、3人出たら
明くる日は2人がカムという案配でついに我輩が
最古参の「牢名主」になってしまった。
  なってしまったものは仕方がないが、悲しいことに
明後日の退院を宣告されてしまった。

  ここにおれば三食昼寝付で医療体制完全、しかも
俗世の煩わしさも借金取りも追いかけてはこない。
まるで「失楽園」である。

食事の不満を言う輩もいるが、我輩たちは文句を言える立場にはないし、嫌ならば娑婆に帰って好きなものを食せばよろしい。
そしてシンガポールを追われたマッカーサーのごとくに「アイシャルリターン!」となるわけだ。

まあ確かにだされる膳上の色彩は乏しく、
大根かキャベツの白、人参の赤、チンゲン菜や
乾燥エンドウ豆の緑くらいで地味ではある。
  それも白、赤、緑のイタリアンと思えば
なんのことはない。 我輩は他国に旅行してると
覚悟を決めている。

  ウクライナ美人の先生の管轄を離れて、どうみても
「まさに糖尿病のサンプル」とでも言うような
医師の担当する糖尿病科に転科になったのは
潮時というものだろうか。
八国山の麓に帰ってトトロに挨拶しよう。
 

闘病日誌西暦2018年0619

 投稿者:シッチー  投稿日:2018年 6月19日(火)08時34分46秒
編集済
  おおスタートレックみたいだ:笑

私の病室は6人部屋ですが、実に出入りが激しい、
現在は一人欠員で、本日は二人が手術みたい。
まぁ彼方の世界に転籍の方はいないようで:笑
   何よりです。   ほんとかな?

だけど、手術予定患者に医師が術前あいさつに来て、
「頑張ってください!」というのは、
       いかがなものか?
  聞かれた方も力なく「ああ…」というしか:笑

   元気に返事ができるようなら、入院してないか

 

レンタル掲示板
/245