teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


お写真:

 投稿者:シッチー  投稿日:2018年 9月23日(日)12時06分12秒
  私も大好きな花です。「あざみ」。
 いやいや 昔そういう源氏名の美形がいたわけではありませんが、きれいな花の鋭いトゲ棘。
  ひところ これの種を夢中で追いかけておりました。

 もう フワフワと空中を風の向くままに漂いつつ 追いかけても追いかけても逃げていく
    真っ白なボンボンのような不思議な物体
  タンポポの種よりもはるかに飛翔能力は高そうです。
   今の時期に 目の前を横切っていく ・・・  ああ秋だなぁ と


 「木の上のゴリラ、地面のハイエナを嗤う」というアフリカの古いコトワザが  ありません
    嘘ですからwww
   素晴らしくユーモアの感性がある方がオーナーさんでしょうね。

 彼岸花には毒があるといわれていますが、アゲハチョウは平気なんですかねぇ?
   まぁ虫も来なければ仲間は増えませんから そのあたりは是々非々ですか。
      って 何が 是々非々なのかいな

  まだ夜空には戦の神「火星」が輝いて見えています。
    さすがにこの夏の輝きはなくなりましたが、遠くない将来には
       あそこにも人類が行くことになるようで
   なにが悲しくて火星まで。


私の写真ですが
1. そのアゲハチョウの現場証拠写真です。 この後も無事に飛んでいました:笑
    白い曼殊沙華も一緒に植えてありました。

2. 昨年の暮れに頂いた「内藤 唐辛子」の親子です。一年草でとっくに枯れているはずが
   こうして春にその種をまき、子供たちも親よりも大きく育っています。
  親唐辛子さんからは昨年より もう一冬分の収穫を頂きましたが、我が家では辛い物が
   ダメな人間ばかりで、食すのは私だけ。
    今のお気に入りの食べ方は 出汁をとった後の煮干しと一緒にごま油で炒めております。

 
 

吟醸さん

 投稿者:シッチー  投稿日:2018年 9月20日(木)17時57分11秒
  夜中に 二人で金色に塗りに行きませんか?

 アサヒビールも意地ですよね。
  新に塗装しなおしているんですもの。

  やはり本年は 異常な暑さのせいか、と 毎年書いているようですが、
   季節の移り変わりを示してくれる 植物たちが極端に繁栄するものは茂り
    いつもだといたるところでみかける種類がなかったりと。

  昨年に続いて「柿」がずいぶんと生っていますようで。
    連作 どうなんでしょうかね?  酒飲みには味方の果実ですが、
     私は背後霊が「糖尿病の守護霊」に代わったせいか もはやほとんど
     酒は呑みませんし、呑みたくもないのです。  いかんです!

お写真の「木肌」ですが、「木喰上人」がご覧になれば「おっ うまそう!」とは。
  まさかね
 

適材適所?

 投稿者:吟醸  投稿日:2018年 9月18日(火)21時55分37秒
  シッチーさん

適材適所でしょう
子供が見ても分かるように!
トイレの前にあるんでしょ。

浅草のアサヒビールのビアガーデンの屋上に上がっている
金色のモニュメント。
ビアホールの上にうんちのモニュメント
誰が見ても、うんちだと言います。食べ物屋なのにね~
ビールとの関連性、全くありません。
 

適材適所  でしょうか?

 投稿者:シッチー  投稿日:2018年 9月15日(土)18時40分0秒
  いつもの狭山公園ですが、めったに行かない場所です。
 公衆トイレがありまして、トイレの周りにモニュメント? が立っております。
  モチーフはおそらく 「北風と太陽」 あのイソップ物語だと思います。
  「太陽」とおそらく「北風」?  裏の方には「月」と「星」がありました。

  男性トイレの正面には「太陽」が、女性用の真ん前には「北風」? たぶん
   芸術作品を批評する気はないのですが、
    せめて 設置する場所と内容をもう少し検討するべきであった と思うのです。

   だって どうみても、これは「北風」というより「うん〇」にしか見えません。

     子供がみても わかりやすいように・・・?  まさかねぇ
 

道端の雑草

 投稿者:シッチー  投稿日:2018年 9月10日(月)17時07分31秒
  少ししのぎやすくなりましたので できる日には足慣らしの散歩をしています。
 随分とお休みをしたので、久しぶりに歩くのはぎごちがありませんが、
  それでも季節は「秋」へと移り変わっています。

 道の際に生えている植物たちですが、とても新鮮に思えます。

 カラスウリの小さな実:ぜひ花の開花を見てみたいものです。
 ニラの花      :茎をちぎるとニラ特有の臭いがします。葉っぱが細くて食用には?
 クサノオウ     :こんな特徴もない草が なんで「草の王」なのでしょうかねぇ。
             出てくる汁は有毒だそうですが、漢方にも使われているそうです。
 

台風21号

 投稿者:シッチー  投稿日:2018年 9月 4日(火)19時56分38秒
  まさに本年は台風の当たり年  困ったことです。
 せめて人的被害が少ないことを切に祈ります。

 関西空港の連絡橋に船が衝突してしまったと報道されていました。
  あそこの空港は連絡橋が通行できないと、文字通り「陸の孤島」になります。
   輸送路もダメ、空もダメだとすると 心細いでしょうね。

技術と資金力で築き上げた近代文明も、こうして大きな台風や地震が来ると
 当面はなすすべがありません。
  というより、人間の力を試すように自然の力が どんどんと大きくなり被害が増える。

 最近の流行ではやたらに「神なんとか」が登場しますが、何かの兆候なのでしょうか。
  一方で 人類のすべてを一元的にコントロールしようとする動きも活発です。
   まるで「AIの暴走」までのカウントダウンのようにも感じています。
 

お写真:「天然」たいやき

 投稿者:シッチー  投稿日:2018年 8月28日(火)18時00分29秒
  面白いですねぇ。
 通る人を ギョッ(魚)とさせてしまう手法でしょうか。

 きっと「天然:てんねん」と読んではいけないのですよ。
  おそらく「天に然り」とでも読ませるのでしょうね:笑
   まぁ意味は推理するに 天下無双的な言いようかも です。

  「ごめんください。 比較のために天然と養殖のたいやき を2匹づつ」
     なんぞとダジャレてみるのも

住み家のごく近くの「西武園 の花火大会」も一回の延長があり、本年分を
   終了しました。  昔は ドンパチドンパチ 夏になると毎週の土日に
    盛大でしたが。
  
 

オスプレイ

 投稿者:シッチー  投稿日:2018年 8月23日(木)17時33分2秒
編集済
   浜松の帰りに中央高速の八王子インターで降りて、16号線を走っていましたら
  おそらく横田基地に向かうのか離陸したのか?
 あの「オスプレイ」が2機で上空を飛んでいました。

  性能は知りませんが、とても不格好に見える機体です。
   あの大きいプロペラが上を向いたり 前を向いたりですか。
 そのうちに あれにも「日の丸」がつくのですね。

  最新鋭のB35A、こちらもけっしてスタイルは良くないです。
   長い間 スマートな流線型の機体ばかりを見てきたせいか、なんとも。

せめて次世代戦闘機は、自国開発・生産で行ってもらいたいものです。


さて こんな花を見ました。園芸品種でしょう。
 クロサンドラ 「かがり火」というのだそうです。






 
 

お写真:「嵐」の前の「TOKIO」

 投稿者:シッチー  投稿日:2018年 8月22日(水)10時55分35秒
  このお写真 好きです。
 画面に対しての 柳の写り長さがすばらしい と思います。僭越で恐縮です。

 いかにも「嵐」の「予感」から 柳がざわついているのが聞こえてきます。
 拙も こんな具合に構図を構えられたら嬉しいのですが、修行が足りなさすぎます。


 お盆には「パソコン 応用講座」がまだ空いていましたので申し込みました。
  ふたを開けてみれば15人定員人が埋まり、授業も朝10時から夕方5時までびっしりと。

  以前からいつかは勉強したいと思っていたエクセルとパワーポイントが主流でした。
   本当に運がよかったですよ。 15日~17日
   18日の早朝には ボロ車を走らせて法事のためにまた浜松へ、

   20日に帰宅しましたが、家内は本日 息子一家と那須塩原へと出かけました。
     元気であればどんどんと出かけてください。 お互いの健康のためです。

   しかし女性はタフですねぇ!
    女房に死に別れた老人男の惨めなこと。 平均寿命とかいうけれど
     男は定年して仕事がおわるまでが人生の実質寿命。
    女性は死ぬまでが「寿命」という当たり前のことの違いでしょうか。


さて、例によって浜松往復の際に立ち寄る「鳴沢 道の駅」の「野草販売コーナー」で
  8年ぶりくらいになります、恋い焦がれた「サギソウ」をゲットできました。
  日本の湿地に生える在来の「ラン」の種類だそうで、どうした造化神の業か
   本当に「鷺」にそっくりです。

 もうひとつ求め続けているのが、以前に枯らしてしまった「富貴蘭」(風ランとも)
  どちらも越冬に失敗しましたがさすがにこの時代、今では動画のyoutubeで
   しっかりと解説されております、驚きました。



 
 

父の遺産

 投稿者:レノン  投稿日:2018年 8月19日(日)12時17分35秒
  これは、自分にとっては親父さんが生前好きで
聞いていた落語のカセットテープです。
これがかなりありまして…「こんなの知らないよ」というか
今まで隠れて聞いていたのでしょうかね・・・。
一番は志ん生師匠が・・・自分も買いましたが自分より多いです。
それと倅の志ん朝さんは「志ん朝十八番」というのでほとんどの演目が
親父さんの部屋のクローゼットから出てきまして
「お母さんこれどうしよう・・・」とかで母親と言ってました・・・。
が「俺がもらうよ・・・」という感じでした。
で聞いてみました・・。えんもくは「厩火事」「真田小僧」「駒長」を
聞いてみました。
特に駒長がおもろかったです。
「さ~~てめぇ~~よくも俺の顔に泥を塗りやがったな」
「お前さん魔が差したんだっから勘弁しておくれぇ~~」
「誰が勘弁なんかするものかぁ~こん畜生こん畜生こん畜生こん畜生こん畜生!」
「ごめんください・・・たわしいりませんか?」
「いらねぇ~~~!!」なんてデス・・・。
ここは志ん朝さんの味付けですね・・・あの軽快な・・・。
あれは見事でした。


 

レンタル掲示板
/245