teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


お写真:ハルジオン

 投稿者:シッチー  投稿日:2017年 6月24日(土)14時05分12秒
  よく似た花に ヒメジョオンがありますね。
  今の時期に見かけるのは こちらかもしれませんね。

  今年 この花を調べていたら 興味深いことがわかりました。
    ハルジオン とヒメジョオン。漢字で書くと 春紫苑 と 姫女苑。

  私は 漢字で記憶しました。
   人さまのお名前も 必ず苗字の漢字もお聞きして それで覚えるように
    「おと」だけでは なかなか覚えられません。
 
 

うわっ 大変だ

 投稿者:シッチー  投稿日:2017年 6月23日(金)23時01分43秒
  とにかく安静にしているにしか、というより 無理して動くと痛みがすごいのでしょうね。
  鎮痛薬に頼って自己修復の時間を稼ぐのが近道と。
     この一年、脚の痛み痺れと戦ってきたので よく理解できます。
   ただただ お大事に  と申し上げます。

 座っているのがつらくなければ、これは神仏が貸してくれた時間だとお考えいただいて
   保留してある資料の整理   などもいかがでしょうか?
 と言ってる自分自身がおとなしく座っているのが苦手で、特に体調が悪い時には無理ですが

  テレビのCMを観ていると、膝や腰の軟骨成分を補うには
    コラーゲンとかコンドロイチンの飲み薬で 簡単に修復できるような錯覚が。

 口から摂取したコラーゲンやコンドロイチンが どうやったら膝の軟骨に届くのでしょうか?
   体内で分解されなければ 体には摂取されませんし、摂取されなければ意味がない。
   分解してしまえば ただの脂質とタンパク質でしかない。

  一流と言われる企業が揃って視聴者をペテンにかけようとしているとしか思えません。
    私も 毒がかなりまわっていまして     ははは
 

無理したい?

 投稿者:吟醸  投稿日:2017年 6月23日(金)13時31分11秒
  皆さんからの禿げ増しのお言葉
有り難うございます。
この漢字変換も間違っています、ハゲが増すのではなく
励まして貰うことに感謝しているのですがね。

やっぱり私には毒が有るようで、
それに対応した薬が、今日出ました。

やはり医者でも言うように、安静が一番。
はい、肝に銘じておきます。
 

安静安静

 投稿者:コテンパン  投稿日:2017年 6月22日(木)20時26分37秒
編集済
  とにかく
足を休めてください。

よく歩かれることは存じていましたが、この際休みなさいというシグナルですから、無理をすると長引くことになりますから. 休むのもひとつの勇気です。

お大事にしてください。
 

銅鐸のこと

 投稿者:シッチー  投稿日:2017年 6月22日(木)12時30分24秒
  浜松市立博物館もじっくり見学できました。
 浜松は全国一の「銅鐸」発掘の地だそうで、復元模型も展示があります。
  銅鐸はこうして 破損しないように:たぶん 横たえて埋められていたようです。

  なるほどこれなら 腐食以外からは護られます。

  次は 同じ金属:青銅 で造られた復元模型で、内部に鹿の「バチ?」が下がり
   実際に音を知ることができるようになっています。
    たたいてみると 甲高い音で 「認可~~~ン」とか「補助キ~~~~ン」とかいう
     音が響いてきます   あっ  それは「ソンタク:忖度」でしたかな?

  最後は 「三角縁神獣鏡」のレプリカの展示。
   表と裏ですが これならば立派に「顔」を写すこともできますかね
    青銅というけれど 造られた当初はある意味「金ぴか」ですから黄金の代用品?
 

それで  またまた浜松往復

 投稿者:シッチー  投稿日:2017年 6月22日(木)12時18分3秒
  ボロ屋ですので屋根の一部が破損して、そこから おそらくムクドリが出入りして
  卵を孵したよおうだと連絡があり、急きょ また行きました。
 屋根の修理は大変なので、網を張って 鳥の侵入を防いでくれることになりました。

 時間ができましたので、今回は浜松市内(広いですねぇ 。最大の面積のある政令指定都市。
  今時は 家康ブームの再来で「伊井直虎」が二匹目のドジョウ。
    どこへいっても「直虎」ばかり。  NHK尻押しの記念館までありました。

   伊井家の菩提寺「龍譚寺」。ここは小堀遠州の作庭と伝わる庭とアジサイが見どころ。
    見るところ 一家総出で入場券から土産物から・・・
       商いも仏の道の一つかな?

   隣接する伊井家ゆかりの宗良親王(後醍醐天皇の第4子)を祀る「伊井谷宮」も
    大繁盛のご様子。  観光バスのコースですね。この神社はとても趣のある建物。

   奥浜名湖と呼ばれる山奥の「奥山公園」のアジサイもすばらしい。
     脚が悪く小高い丘も難儀をしますのでとても全部は・・残念
       途中で雉がどうろを横切っていきました。 山奥ですから。

   その他 幾か所かを見て回りました。
 

また浜松へ

 投稿者:シッチー  投稿日:2017年 6月 8日(木)14時21分28秒
  空き家ですが ほっても置けませんので様子を見に。

 往路、いつもの富士山裏道で 暗がりの中を若い鹿が2頭、横断していきました。
  それと 小鹿とたぶん母鹿でしょうか、道路際におりました。
  鹿を見ることが多いのはこの季節です。  小鹿が 好奇心が強いのでしょうね
    道路横に出てきて母鹿のいうことを聞かずに 目撃されます。
       なんの生き物でも子供の好奇心は強いですね。

帰路は また山中湖畔の「花の都公園」に寄りました。
   小雨でしたが、ネモフィラや他の花も 少しですが見物しまして
     鉢植えを販売している建物で こんな面白いものをゲット

  アフリカの食虫植物の仲間、タヌキモの範疇のようです。

    すいません、画像を縮小する方法がわかりませんので ご迷惑を
 

お写真:サツキ展

 投稿者:シッチー  投稿日:2017年 6月 2日(金)11時25分6秒
  すごい根っこですね!

 きっと長い時間をかけて 少しづつ表面の土を減らしていったのでしょうかねぇ?
   このまま続ければ 何時かは 空中に  
 

お写真:象の絵皿

 投稿者:シッチー  投稿日:2017年 5月30日(火)19時02分1秒
  面白いですね、盛夏の出来事。
 「冷やし馬」ならぬ「冷やし象」ですかね。

 「冷やしタヌキ」や「冷やしキツネ」は麺類ですが、冷やし については大阪では
    どのようになるのでしょうねぇ?

吟醸さん>大変にありがとうござます。  これが知りたかったことです  m(_ _"m)

 一口に「心霊写真」とか言いますが、ある とか ない とかいう議論は意味がありません。
  あくまでも私個人の考えですが、 まず「神」と「仏」は似て非なるモノだと考えます。
   ただしこの「心霊写真」というものは あまりいただけません。

   そういうのを専門に捏造する人もいるようですが、それより以前に
  人の目には見えないが カメラには写る  というのはどうもいけません。
   肯定も否定もするわけではないのですが、心霊がカメラに映る「作用する力」があれば
 もっと他のことをするはずです。
 これは明らかに「物理的な力」です、第一 カメラが発明される前はどうだったの? と。

 個人的には「心霊の存在」はほぼ信じており、「神」は敬いますし「仏」の教えは素晴らしい
  と思っています。  自分でも不思議な体験はずいぶんとしてきました。

 「カメラ」という「機械」の作動作用によって、おかしな写り方をすることもあるでしょう
   まさに
  吟醸さんが言われるとおり
  >判らないものには心霊写真だと言い切った方がイイですよ。
  > 精神的にも心が軽くなります。

  まさに「正鵠」だと思います。
    
 

残念ながら

 投稿者:吟醸  投稿日:2017年 5月29日(月)20時24分50秒
  シッチーさん

最近の写真は解像度も高く、ピントも合っています。
腕が上がったのか、スマホが変わったのか?

これは心霊写真でも何でもありません。
昔の(今でもそうですが)カメラのレンズ前にはフードが付いていました。
斜めからの光をカットするためです。
現在の、携帯やスマホ、またはデジカメには付属していません。
なので、斜めから入った光が悪さをしてこの様な絵になる事があります。

人間でも、目の上に手をかざして遠くを見ることがありますが、
同じ理屈です。
ある厄除けのお寺さんで、心霊写真だと言って、納める人が居ますが
大部分がこの現象で撮影されたものです。
プロが使うようなカメラで、丁寧に撮影されたものには見当たりません。

恥ずかしながら、私も撮ったことが有ります。
このカメラは、レンズの出っ張りが少なく、フードも無いので
虹のようなフレアーが出ています。下記写真。

でも、判らないものには心霊写真だと言い切った方がイイですよ。
精神的にも心が軽くなります。
 

レンタル掲示板
/233